マカオまで唯一の直行便マカオ航空
最新情報
2017年10月25日TRAVEL ZOO 掲載ツアー!
ブロードウェイ マカオ



2015年にオープンした新カジノリゾートホテルで、ギャラクシーマカオとは専用通路にて直結。
東京ドーム23個分もの広大な敷地を擁し、館内にはショーやイベントを通年開催する3,000席のブロードウェイシアターをはじめ、世界最大級のプールに20軒のレストランを備えており、「ブロードウェイ フードストリート」では40以上の地元料理とアジア料理の人気食品店が連なります。
空港から無料シャトルバスが利用でき、アクセスも便利。

成田発は、こちらから≫≫   関空発は、こちらから≫≫
2017年6月1日新しいタイパフェリータ-ミナルが運用開始!
香港空港行チェックインカウンター 香港空港行チェックインカウンター
マカオの新しい海の玄関口「タイパフェリーターミナル」が12年にも及ぶ工事を経て本日よりオープンしました。

敷地面積は今までの臨時ターミナルの約4倍、80台を超える出入境カウンターが設置され、国際都市マカオが益々便利になります!
2016年7月19日今年もやります! マカオ国際マラソン2016 先行予約スタート!
第35回マカオ国際マラソン開催日2016年12月4日(日曜日)に決まりましたので、先行予約をスタートします。

マカオマラソンツアー6つのポイント!
①国際マラソンに参加出来ます!
 (AIMS国際マラソンに登録されています)
②完走紀念メダル、大会記念Tシャツがもらえます
 (制限時間内に完走された方全員)
③完走パーティにご招待します(マカオ観光局の夕食会)
④世界遺産マカオ歴史市街地区を走ります。
 (マカオ2島をつなぐ大橋を渡り、日の出を見れるチャンスも)
⑤マラソンエントリー代行費用も旅行代金に含まれています。
 (ミニマラソン)
⑥世界遺産マカオ歴史市街地区のたっぷり観光付きです(昼食付)
※ハーフマラソン、フルマラソンへのランクアップも可能です。
  → お一人様 4,500円追加

12月2日(金)発 マカオ4日間マラソンツアー 詳細はこちら 64,500円~


第35回マカオ国際マラソン詳細
AIMS国際マラソン協会に登録されている国際マラソン大会で、ルートはほぼフラットな道で走りやすく、世界遺産の旧市街エリアを含めた古い街並が残るマカオ半島、新しい開発エリアのタイパ島、その2つを結ぶ海上の大橋を渡る変化に富んだコースです。

開催日:2016年12月4日(日曜)早朝06:00予定
スタート:マカオスタジアム(タイパ島コタイ地区)
種 目:フルマラソン 42.195km(制限時間5時間)【定員:1000人】
ハーフマラソン 21.0975km(制限時間2時間30分)【定員:2000人】
ミニマラソン 4.2km(制限時間1時間15分)【定員:3000人】
参加資格:フルマラソン20歳以上、ハーフマラソン18歳以上、ミニマラソン15歳以上
2016年7月7日第28回マカオ国際花火コンテスト開催日が決定!
 マカオ秋の風物詩になっているマカオタワー前の南灣湖で開催されるマカオ国際花火コンテスト。 国や地域を代表して出場する花火製造メーカーによる作品の美しさを競う大会で、今年は5年ぶりに日本代表として丸玉屋小勝煙火店も参加します。 基本的にマカオタワーが眺望できる場所ならどこからでも花火を観ることが出来ます。

9/3(土) 21:00~タイ・21:40~ポルトガル
9/10(土)21:00~イギリス・21:40~スイス
9/15(土)21:00~日本・21:40~韓国
9/24(土)21:00~イタリア・21:40~カナダ
10/1(土)21:00~ルーマニア・21:40~中国

第28回マカオ国際花火コンテスト 詳細は、こちらから
出発日限定♪マカオ国際花火コンテスト観賞ツアーは、こちらから
2016年6月30日香港とマカオを結ぶ夢の架橋 主体橋梁部の連結完了
写真港珠澳大橋管理局 写真港珠澳大橋管理局
 中国が国家プロジェクト 香港とマカオ、広東省珠海市の3都市をつなぐ「港珠澳大橋(ホンコン・ジュカイ・マカオ・ブリッジ)」の 管理当局は6月29日、同日午前に全長22.9キロの主体橋梁部分の連結が完了したことを発表しました。
 同局の発表によれば、今後、橋面舗装などの仕上げに着手するとのこと。また、沈埋工法を採用する6.7キロの海底トンネル部分に ついても、全体のおよそ8割分のエレメントが連結済みという。
 港珠澳大橋は香港と珠海、マカオの間のY字型のルート、全長55キロを複数の海上橋と海底トンネルで結ぶ世界最長の架橋計画の 一つで、もともと1980年代に夢の架け橋として構想され、香港・マカオが中国に返還された後、21世紀に入ってから「広東省と香港・ マカオの一体化のシンボル」として実現に向けた準備が加速し、2009年に着工した。自動車専用道路で、鉄道用の設備はない。 現在、香港とマカオの間を移動する際は、高速フェリーで約1時間かかるが、大橋の開通後は車で約30分程度となり、 大幅な所要時間短縮効果が見込まれています。
 港珠澳大橋の開通時期は当初計画より遅れているものの2017年内完成とみられており、いよいよ夢の架け橋の実現が近づいてきました。
2016年6月24日「パリジャンマカオ」エッフェル塔ライトアップが初お披露目
 今年9月予定のホテルオープンに先駆けて「マリジャンマカオ」のシンボルであるパリのエッフェル塔を模して作れた1/2サイズのエッフェル塔がメディア向けに初めてイルミネーションイベントを開催しました。 音楽に合わせてトリコロールカラーやレインボーカラーといった様々な色に変化するショーは圧巻です。 ホテルオープン後は、ライトショーを毎晩上演するとのことで9月のオープンが待ち遠しいです。

動画はこちらから